健康的な体になりたいなら低体温を改善しよう

人気の寝具

寝る人

低反発マットレスも高反発マットレスも特徴があります。寝心地は、個人差があるので、からだの大きな方や、寝返りをよくする方は、高反発マットレスに向いているということです。高反発マットレスは、通気性や耐久性に優れています。

詳細へ

足の疲れを改善しよう

フット

足裏シートがブームの理由は、貼るだけで、足のむくみや、溜まった老廃物を改善できるからです。また、シートの色が変わるので、効果を目で確認できるからでしょう。足裏シートの特性は、足の裏に貼って寝るだけと使い方が簡単で、樹液やデトックス効果がある成分が配合されています。

詳細へ

体温を上げると元気になる

毛布を持つ人

自分の平熱を知る

自分の体温をご存知でしょうか。風邪をひいたときなど熱っぽい時や寒気がするときだけはかるという人が多いのではないでしょうか。37度なければ安心、熱がないと判断することでしょう。自分の平熱がどれくらいあるかで健康状態が違ってくるのです。熱がなければ健康ということとは違います。平熱が37度ある人もおられます。熱が出ているのではありません。しかし平熱が35度台の人は37度なくても微熱があるので注意しないといけないのです。平熱が高い人ほど健康で、低い人ほど何らかの不調を招いていることがあります。体温が36度ない人を低体温と呼びます。甲状腺ホルモンに異常がある人にも起こるので一応検査をしておくことが望ましいです。

食事と運動

それ以外の低体温の人は生活習慣を変えることで改善できます。低体温でよくおこる症状には低血圧、めまい、立ちくらみ、冷え性、だるさなどがあり脂肪燃焼力が落ちるので肥満の原因にもなります。低体温を改善すれば体調だけでなく肌艶も良くなります。代謝が上がるのでダイエットにも有効です。低体温を改善するには身体を温める食事と運動で改善できます。筋肉が熱を生み出すので大胸筋や大腿四頭筋などの大きな筋肉を動かすことです。手や足の指をしっかりと動かすことで末端の血流が良くなります。冷たいものを飲んだり食べたりしてはいけません。高麗人参や乾燥させたショウガは深部体温を上げます。お風呂に天然塩を入れると保温効果があります。

良い睡眠は枕から

睡眠

質の良い睡眠を得るには、良い枕に出会うことです。人の背骨はS字を描いています。横になったときに出来る首の隙間を埋めるのが理想の枕です。肩口から頭を支え、寝返りしても頭が落ちない大きめの枕が理想です。高さは人それぞれ違いますから専門店で測ってもらうのがいいでしょう。理想の枕は健康への第一歩なのです。

詳細へ